Top > 保存方法

保存方法

お茶の保存方法をご存知ですか?
久しぶりにお茶を入れて飲んだらなんだか味がおかしい。そんな経験はありませんか。
実はお茶は非常に変質し易く、保存方法によっては、急激に品質が下がってしまいます。温度や湿度、空気や光などの影響を非常に受けやすいので品質が劣化しないように保存することが大切になってきます。
家庭での保存方法としては、できるだけ少ない量で購入して、2週間から1か月で使い切ることをお勧めします。
未開封の場合は冷蔵庫または冷凍庫で保存します。冷蔵庫から出した場合、常温に戻してから使うとよいです。冷たいまま開封してしまうと、温度差で茶葉が水分を吸収してしまうため、お茶の鮮度が失われます。
開封後は、密封性、遮光性のある容器に移しいれ、冷暗所に保存します。冷蔵保存がよいとされていますが、茶葉が冷蔵庫のにおいを吸収したり、茶葉の出し入れの時に水分を吸収してしまう可能性があるので、避けることが望ましいです。
お茶を変質させる原因としては、湿度、酸素、光、高温、移り香が挙げられます。茶葉が湿気をすうと酸化が促進され、茶葉のいろや香りに影響が出ます。酸素はカテキン、ビタミンCを酸化させるため、味の低下を促進します。光は葉緑素の分解を促進させ、色の低下を促進します。高温も酸素、光と同じ影響を及ぼします。移り香ですが、茶葉は、においを吸着する作用があるため、密閉されないといろいろなにおいを吸収してしまうのです。それらを防ぐために、冷暗所で、密閉できるよう気に移し替えることが必要になるのです。
それでは、お茶が古くなった場合、どうしたらよいのでしょうか?フライパンに紙を敷いて茶葉をので、弱火でじっくり炒るという手があります。そうすることによって、香りがよい自家製ほうじ茶ができあがります。または、電子レンジで温めると同じように自家製ほうじ茶が出来上がります。
上大岡・久里浜の美容室髪風船
ほうじ茶以外にも、それをティーバッグに入れて、下駄箱やシンク下に置いておけば、脱臭効果が期待されます。みなさん、一度試してみませんか?

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
子供達へのクリスマスプレゼント(2015年1月28日)
新しいキッチン用品がほしい~~!(2014年12月30日)
腕時計は必要か(2014年11月29日)
男の細さは本当に腹立つ(2014年11月24日)
退屈な時は妄想で夢見て(2014年11月15日)